Do it yourself! 自分でやれることはなんでもやってみる。コーヒー焙煎、米国株、アクアリウムのブログです。

DIY好きの米国株ブログ

電力自由化

【電力自由化】「関電」から「あしたでんき」に乗り換えた話

更新日:

Designed by rawpixel.com / Freepik

電力自由化されたけど実際安くなるの?

2016年4月に電力小売が自由化されてから2年以上が経ちました。我が家でも一度検討したのですが、その時の試算結果ではさほど節約にならない、せいぜい数百円。もしくは会社によってはむしろ値上がりしてしまうといった感じでした。最近ふと電気代を見直していたら気になる会社を発見したので再度検討してみた結果、我が家では1万円以上の節約になることが判明したので乗り換えてみることにしました。

東京電力ホールディングスの子会社「あしたでんき」が安い!

複数の会社で一体いくらになるのか調べた結果、「あしたでんき」というところだと結構安くなることわかりました。「あしたでんき」というのはサービス名で、実際にサービスを運営しているのはTRENDE株式会社です。調べたところ東京電力の100%子会社みたいです。特徴としてはとにかく料金がわかりやすい!1kWhあたりいくら、という超単純な料金プランになっていて地域によってその単価が異なります。関西エリアだと1kWhあたり21.5円!現在我が家が契約している関西電力は電気代は3段階に分かれていて、ちょっと計算がめんどうですが下のようになります。

「あしたでんき」は1kWhあたり21.5円なので月々の使用量が120kWh以下であればそのままの方が安くなります。WEBサイトには300kWh以上使われる場合は安くなるみたいに書いてありますが、これは住んでいる地域によって現在払っている料金が変動することと「あしたでんき」の料金単価が変動するためだと思います。例えば東京エリアだと1kWhあたり25.5円なので、関西よりちょっとお高め。WEBに料金シミュレーションがあるので是非やってみてください。下のグラフは我が家の過去3年間の平均電力使用量及び電気代を「あしたでんき」と比較したものです。厳密にいうと毎年燃料調整費だのなんだのと変動するのでこの通りではありません。

さて、比較してみると一目瞭然です。すべての月で「あしたでんき」の方が安くなります。ざっくり計算で年間1万5千円の差になります。株でこれだけの配当をもらおうと思ったら利回り3%だと50万円の投資が必要になります。乗り換えはタダですからめっちゃお得ですね・・・。

さっそくWEBから申し込んでみた

めっちゃお得なのは分かったのですが、大事なのはデメリットがどうかというところ。一番わかりやすいのが違約金があるかどうかです。新電力会社によっては1年契約で途中解約だと数千円の違約金が発生するところがあります。「あしたでんき」は違約金はなし!すばらしいです。思ったより安くなかったら速攻別会社に乗り換えができます。(2018/6現在。申し込む前に各自要確認してくださいね。)

乗り換えしない理由がなんにもないのでぽちっとWEB上から手続きを済ませました。申し込みにはクレジットカードやスマートメータの設置などが必要になります。6/24に申し込んで6/27に契約完了、7/11から電力供給開始予定。

というわけで今は供給開始を待っているところです。

実際にスタートしたらまた報告したいと思います。上のグラフはあくまで仮計算ですからねぇ。実際安いかどうかしっかり見ていきたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

-電力自由化
-,

Copyright© DIY好きの米国株ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。